【炎上】初詣「ベビーカー自粛」要請で炎上の乗蓮寺「差別」批判への回答が考えさせられる

Escala_20151101_5318346_1.jpg

 東京・板橋区の乗蓮寺が掲げた「ベビーカーご利用自粛のお願い」の看板が2017年の年明けからネット上で賛否両論、大論争を巻き起こしています。
 「初詣の人ごみの中ベビーカーは危険だし赤ちゃんもかわいそう」という意見や乙武洋匡さんの「『混雑時のベビーカーは自粛すべきだ』という意見を耳にするたび、車椅子も同じように思われているのだろうと肩身の狭さを感じる。不寛容な社会になればなるほど、『生きづらさ』を感じる人が多くなっていく」まで様々な意見が飛び交っています。

 東京都議会の音喜多駿議員は、「初詣ベビーカー論争」だとし、ブログで、
「少子化の最大の原因は、わが国が『子どもを産めば産むほど不自由になる社会』であることだと考えています」と訴えました。

 この炎上騒ぎにたいする乗蓮寺の回答がとても考えさせられる内容です。乗蓮寺は東京都板橋区にある江戸時代から続くお寺で、日本で3番目に大きい「東京大仏」で有名です。初詣ともなればたくさんの参拝客でにぎわう人気のお寺。そもそも乗蓮寺はこれまでベビーカーを優遇するお寺でした。しかしなぜ今年は「ベビーカー自粛」を掲げたのでしょうか。



参道の横にベビーカー・車椅子専用の通路を設けて優先的に受け入れをしていたところ、ベビーカーの補助の名目で10人もの家族(?)が付き添い、混雑時には1時間以上も並ぶ参拝客よりも早く参拝をしていたそうです。これに腹を立てた一般の参拝客が寺サイドと小競り合いになることもありました。
 ベビーカーだと優遇される事が知れ渡ると小学5年生くらいの大きな子供をベビーカーに乗せて現れる家族が相次ぎ、優先的に入場したあとは早々にベビーカーをたたみ子供は元気に走り回っていたそうです。

 これを読むと、今回の「ベビーカー自粛」のお願いは住職の苦渋の選択であることが良くわかります。ベビーカーの家族の自由を制限させたのは外でもないベビーカーの家族だったとは、なんとも皮肉でありまた日本人の民度の低さが情けなくなってしまいます。



町の声




















お知らせ会議の公式ツイッターはこちらです。フォローおねがいします! https://twitter.com/oshirasekaigi

贅沢ねこまんま

食材宅配


ヘビメタ、パンク、昭和歌謡、タワーレコードで探してみよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

スポンサーリンク

よく読まれる記事

スポンサーリンク

いいね!お願いします。

最新記事一覧

【仰天】女性巡査(24)、ホストにはまって旅行積立金154万円横領・「楽しかったんです」【神奈川県警】 Apr 28, 2017
【森友学園問題】籠池氏が新証言「昭恵夫人に真っ先に相談」民進党ヒアリングで【籠池砲】 Apr 28, 2017
【エリア88】漫画家の新谷かおるさんが休筆宣言・ファンに衝撃走る【ヤッタラン】 Apr 28, 2017
【旧日本軍】湖から手榴弾がザクザク「どれだけか見当つかぬ」・宮崎県「御池(みいけ)」 Apr 27, 2017
【ヒロポン】観光バス運転手覚せい剤使用「集中できて逆に安全」長距離ドライバー覚醒剤汚染 Apr 27, 2017

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーリンク

今日の人気記事

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーリンク